ふとんの下に何かある。

ただ、楽しく生きる。
TOPスポンサー広告 ≫ 6 婦人科疾患(子宮筋腫)がある人に対する禁忌の精油と効果的なアプローチTOPアロマ・ハーブ・ベビマ ≫ 6 婦人科疾患(子宮筋腫)がある人に対する禁忌の精油と効果的なアプローチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

6 婦人科疾患(子宮筋腫)がある人に対する禁忌の精油と効果的なアプローチ

 子宮筋腫は子宮の筋肉に発生する筋腫で、30代以上の女性の3人に1人が持っているそうです。子宮筋腫はストレスや冷えなどによりホルモンバランスが崩れてしまうことがその要因の一つだといわれています。
 子宮筋腫の主な症状は月経困難症や多量月経で、それにより貧血を起こすことも多く、筋腫が大きくなると便秘や頻尿、腰痛を伴うこともあります。
 現在の一般的な治療法として、子宮筋腫が卵巣ホルモンの働きで大きくなることから、卵巣ホルモンを一時的に抑えて筋腫を小さくしようとする薬物療法があります。従って、子宮筋腫のある人にはエストロゲン様作用を持つクラリセージ、サイプレスなどは禁忌となります。
 アロマでの効果的なアプローチとして、婦人科疾患を持つ人は体が冷えている場合が多いと思われますので、体を温める作用のあるジンジャーやブラックペッパー、グレープフルーツ等の精油を用いての芳香浴、沐浴、トリートメントなどが挙げられます。特に血流量の多い腹部のトリートメントや手軽に行える足浴などがお勧めです。
 また女性ホルモンはストレスにも影響されやすいため、ラベンダーやローズウッドなども有用です。
 最近の研究では、イランイランとラベンダーに抗エストロゲン作用剤としての特徴があるとの報告があります。イランイランおよびラベンダー精油を皮膚に塗布、あるいは香りを嗅ぐことによって抗エストロゲン作用をもたらすことができるそうですので、これらの精油を試してみるのも良いかもしれません。
 どんな場合でも、心と体は決してマニュアル通りではありません。禁忌にも注意しながら必要な精油を選ぶことが大切です。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

駅の時計
プロフィール

トレロ・カモミロ

Author:トレロ・カモミロ
たたかいよりも、ひるねがすき。

がんばれカープ
グリーンリボン
FC2カウンター
Twitter
Twitterブログパーツ
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。