ふとんの下に何かある。

ただ、楽しく生きる。
TOPスポンサー広告 ≫ 5 精油の吸収と代謝と排泄TOPアロマ・ハーブ・ベビマ ≫ 5 精油の吸収と代謝と排泄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

5 精油の吸収と代謝と排泄

 精油の主な吸収経路は、吸入や芳香浴による鼻や肺などの呼吸器からのルートと、トリートメントや塗布による皮膚からのルートがあります。どちらの場合も精油は血液の中に入り全身を巡ります。
 その吸収率は様々です。密閉された部屋で精油を拡散させると、呼吸により肺から2時間で70%血中に取り込まれます。精油を皮膚に塗布して解放した場合は4~25%、密閉した場合は最大で75%吸収されます。
 また、壊れた皮膚は健康な皮膚に比べて浸透が早いということと、脂腺や汗腺が多くあるところは精油が真皮層に直接届くので浸透が早いことは忘れてはいけません。
 そのほか、塗布前後の行為によっても変化します。皮膚を温め、血行を良くすること、皮膚を湿らせておくことで精油の浸透を速やかにすることができます。皮膚を洗浄することによっても浸透を速めることができますが、洗浄しすぎるとかえって皮膚を刺激してしまうことがありますので注意が必要です。
 植物油でラベンダーの精油を2%に希釈したオイル1.5mlでオイルトリートメントした後、血中のリナロール、リナリルの濃度はトリートメント開始後20分でピークとなり、90分でほぼ0になりました。このことから精油が血管に入り込むまでに少し時間がかかることと、体内を巡回した後に精油も排出されたこともわかります。
 精油の多くの有用成分は酸化により解毒され、不活性化されます。最終的には水溶性の成分に変えられて尿中に排泄されます。また胆汁にも含まれ、その結果便にみられることもあります。呼気からも少量ですが、精油の分子のままで直接排泄されます。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

駅の時計
プロフィール

トレロ・カモミロ

Author:トレロ・カモミロ
たたかいよりも、ひるねがすき。

がんばれカープ
グリーンリボン
FC2カウンター
Twitter
Twitterブログパーツ
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。