ふとんの下に何かある。

ただ、楽しく生きる。
TOPスポンサー広告 ≫ 3 精油のノートについてTOPアロマ・ハーブ・ベビマ ≫ 3 精油のノートについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

3 精油のノートについて

 精油のノートとは、精油の揮発する速さや持続時間を表すものです。ノートはトップ、ミドル、ベースの3種類で表現されます。ノートを知っておくことで、その精油がどのように香るのかを知ることができます。
 トップノートとは軽い爽やかな香りで、ふわっと素早く辺りに漂います。香りの持続時間は2~3時間です。オレンジ、グレープフルーツ、ペパーミントなどがこのトップノートに分類されます。
 ミドルノートは揮発速度がトップとベースの間で、香りの持続時間は3~4時間です。カモミール、ゼラニウムなどが分類されます。
 ベースノートは香り立ちが遅く、じわじわと香る重たい香りです。香りの持続時間は5~6時間で、時には2~3日も香ります。サンダルウッド、パチュリなどです。
 ざっと3つに分類しましたが、精油の成分はとても複雑なもので、精油の分子には大小様々なものがあります。小さな分子は飛び出す時間も速く、大きな分子は飛ぶまでに時間がかかります。例えばペパーミントの精油はトップノートに分類しましたが、初めにだけ香って後からは全く香らない、というわけではありませんね。初めにすっきりとしたメントールの香りがして、時間が経つと少し甘い香りエステル類の香りがします。これは精油の分子の大きさによる変化です。
 何種類かの精油をブレンドして香水などを作るときには、このノートを利用して香りの変化を楽しむと良いですね。トップノートで第一印象を、ミドルノートで全体的な香りの印象を、ベースノートで深みや持続性を付けて。その割合はトップ:ミドル:ベースを2:2:1くらいでブレンドするとバランスのとれたものになるでしょう。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

駅の時計
プロフィール

トレロ・カモミロ

Author:トレロ・カモミロ
たたかいよりも、ひるねがすき。

がんばれカープ
グリーンリボン
FC2カウンター
Twitter
Twitterブログパーツ
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。