ふとんの下に何かある。

ただ、楽しく生きる。
TOPスポンサー広告 ≫ 1禁忌表についてTOPアロマ・ハーブ・ベビマ ≫ 1禁忌表について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

1禁忌表について

 精油は体や心に働きかけるものなので、使用する人の症状や状態によっては使わないほうが良い精油もあります。それを表にまとめたものが禁忌表です。
 禁忌表の見方ですが、縦軸に精油名、横軸に症状や状態が書かれています。縦軸と横軸とが交わる所に×印がある場合にはその精油を使わないほうが良い、ということになります。例えば、イランイランを見ますと敏感肌の方や集中したいとき、また多量に用いたり長時間用いることには適さないということがわかります。
 では、特に注意が必要な項目について見ていきましょう。まず、×印が沢山付いている妊娠中ですがクラリセージやゼラニウムなど、精油の抽出部位に花が含まれている精油が多いことが特徴です。花は植物の生殖器であることを思い出して頂ければ覚えやすいと思います。これら妊娠中禁忌の精油には排卵を促進させるエストロゲン様作用を持つものがあり、妊娠中のホルモンバランスに影響を与えないために禁忌となっています。
 また、胎児にも影響をおよぼさないように神経毒性のある精油も禁忌となっています。抽出部位が花以外のもの、サイプレスやシダーウッド、ジュニパー、ミルラなどの例外もありますので気を付けましょう。
 次に人気の高い柑橘系の精油ですが、「日光に当たる」の項目を見てください。オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット、レモンに×印がついていますね。柑橘系の精油には皮膚に塗布して紫外線に当たると炎症を引き起こすラクトン類のフロクマリンという成分が含まれています。シミなどの原因になることもありますので使用後すぐに紫外線に当たらないようにしましょう。
 最後に高血圧とてんかんについてです。ともにローズマリーとユーカリが禁忌となっています。これらの精油には血圧を上げる作用があります。また、痙攣を誘発する神経毒性成分もあるために、用いません。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

駅の時計
プロフィール

トレロ・カモミロ

Author:トレロ・カモミロ
たたかいよりも、ひるねがすき。

がんばれカープ
グリーンリボン
FC2カウンター
Twitter
Twitterブログパーツ
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。