ふとんの下に何かある。

ただ、楽しく生きる。
TOPスポンサー広告 ≫ hozon 2005 2004TOPありがとどぶちゃん ≫ hozon 2005 2004

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

hozon 2005 2004

2005/01/07のBlog
親切なラーメン屋さん。
[ 10:37 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
と、言っても娘とのごっこ遊びです。

娘はラーメン屋さんになったつもりです。

娘「いらっしゃいませ~。」
私「あっ、どうも。」
娘「何名様ですか。」
私「あー、一人なんですけど・・・」

娘「あ、一人なんですか。寂しいですね。誰か連れて来ましょうね。」
私はキューピーちゃんとスヌーピーと一緒にラーメンを食べたのです。

ごちそうさまでした。



2005/01/03のBlog
きのこたけのこと言えない・・・
[ 10:32 ] [ せいかつ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
今日うちの店の特売でした、この商品。

お母さんに何回も「きのこたけのこでしょ~。もぉ~、バカじゃねー。」
と言われてもきのこたけのこと言えない子を発見。

お母さんに負けずに何回も「きのこしいたけ買って~。」って言い続けています。

「ほんっまにバカじゃねー、あんたー。きのこたけのこじゃろぅ~、もぅ。」
「お母さん、きのこしいたけ買って~。」

私は、仕事しながら耐え切れずに笑ってしまったのでした。



2004/12/11のBlog
警察のクリスマスツリー点灯式。
[ 10:43 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
昨日の夕方、幼稚園の行事で点灯式に行きました。
わたげたちは、「きよしこのよる」を歌ったのですがわたげの口の動きはこんなかんじ。

まず英語バージョン
「・・・・なー」
「・・・・なー」
「・・・・かー」
「・・・・らー」
こんなかんじ。

日本語バージョン
「・・・・しー」
「・・・・るー」
「・・・・はー」
「・・・・りー」

面白かったです。

歌の後パトカーに乗ったサンタさんが登場。
しかも二人。
おやつを頂きました。

わたげのひとこと・・・
「わたげちゃんはねぇ、トナカイさんにあいたかったんよー・・・」
ごめんねー、わたげ。



2004/09/28のBlog
リンク・リンク・リンク
[ 18:01 ] [ どぶろぐ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
表示したいリンク名称

コメント欄などでリンクしたいときに使う。

XXXXは表示したいとこのアドレスを入れる。



2004/09/15のBlog
今日の味噌汁の具は・・・
[ 18:04 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
夕飯の支度をしながら傍にいたわたげに言いました。

「ねぇ、今日の味噌汁の具なんにしよーかねぇ。」

「ぶどう・・・」


さすがにそれはできんかった私です。
作ってみようかな・・・



2004/09/06のBlog
びしょぬれで笑ってしまった・・・
[ 18:06 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
自転車で幼稚園のお迎えに行きました。
幼稚園の門を出るまでは雨さん、降っていなかったんです。

門を出て5歩くらい行ったところで
「ポト」「ポトポト」「ポトポトポトポトポトポトポト」「ズワァ~」

慌てて持っていたレインコートをわたげに着せました。
傘も持っていなかったので自転車に飛び乗って帰りました。
あまりにもひどい降りようだったものであっという間に私はびしょぬれ。
メガネに水溜りができるし、前は見えんし、目にしみるし・・・
もう、ぐちゃぐちゃ・・・

あんまりにもひどすぎて、大笑いしてしまいました。
そんな私たちを見た通りすがりの人たちも、見ただけで大笑い。
大変だったけど、おもしろかったー。



2004/08/22のBlog
感動した・・・
[ 06:17 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
今日、わたげが初めてパジャマのボタンを下から上まで全部自分でとめたんです。
すっごーく下手なの。
でもね、何回失敗しても何度も何度もやり直す姿に感動してしまいました。

私たちにもこんな日があったんですよねぇ。



2004/08/10のBlog
「わらいんぼ」
[ 06:21 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
昨日のことです。
夜子供と二人布団に転がって、本を読みながら話していました。

「わたげちゃんは、なきむしかいねぇ?」
「ちがうってぇ~。」
「あっ、じゃあ、おこりんぼかぁ・・・」
首をふりつつ「わ・ら・い・ん・ぼ」

笑いながらも、このことば、なんだかいいなー、って思いました。
わらいんぼ。
わたしもわらいんぼになりたいと思います。



2004/07/06のBlog
七夕まつりでわかったこと・・・
[ 13:54 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
3日に幼稚園の七夕まつりがありました。
みんなで歌をうたったり、ギターの演奏を聴いたり、お弁当を食べたり、楽しかったです。

ところが・・・
なんと、わたげにはけんちゃんという彼ができていました。
ず~っと二人っきりで手をつないでいました。
けんちゃん、つむの頭を撫でてるし・・・すごいなぁ。

この日は、園庭の遊具の使用を中止していました。
それを知らなかったけんちゃんとわたげは滑り台に登ってしまいました。
私は「わたげちゃん、けんちゃん、今日は滑り台お休みだよ。降りておいで~。」と言いました。
そこへ、男の子がやってきてまた言いました。
「わたげちゃん、けんちゃん、あがっちゃぁーいけんのんよー。」
わたげは、驚いたのか「ごめんなさい」と言ってべそをかいています。
「泣かんでもええんよ。」と私が言うのと同時にけんちゃん、「もぅ。わたげちゃんがなきよるじゃんか~っ。」とその男の子にどなり返しています。

三歳の世界もすごいものですね。
好きになったり、かばったり、ちゃんといろんなことがあるのですね。

今日も二人、元気に手をつないで行きました。
恋路の行方はいかに・・・

さて、わたげの願い事は叶うかなぁ。



2004/07/03のBlog
子供との会話
[ 13:59 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
最近、こんな無意味な会話をしています。

子供「jl;kギkrt9巣苅間の力原の練りミラノラノセノマoh」
私「;kぐrつおgふぉいうびt090569pjp夫jkp;jd」

暗号ではありませんよ。解読しなくっていいんですよ。
発音は、そうだな~、フランス語に近いかな。
延々、べらべら言っています。
もちろん意味は全く無し。

この楽しい会話は子供の「はい、エービーシーはもうおしまいね。」で終わります。
子供は自分が英語を話しているつもりのようです。




[ 06:29 ] [ ことば ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
波の一つ一つは
私たちの一日一日に似ている。

おだやかな波。
激しい波。

波は
それでも太陽や月の光を受けて
いつも光っている。

私たちも
たくさんの力を受けながら
いつも光っている。



2004/06/12のBlog
おじちゃん、おかえりなさい。
[ 14:06 ] [ せいかつ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
先週、おじが他界しました。
糖尿病が原因で片足を切断、その後もう片方の足も切断。
2回目の手術では30秒間心停止。
でも、「痛い、痛い」と言い続けながらよく頑張りました。
最後は透析もままならず、苦しい苦しい、最後でした。

これはおじの葬式を終えておじの家族が家に戻ったときの話。
私の両親もちょうどお邪魔していました。

ふと、2階から足音・・・
母は、空耳かと黙っていました。
すると、また2階を歩く音。
2階には誰もいません。
「ねぇ、今足音聞こえたよね・・・」母は言いました。
すると、もう一人その音を聞いていた人がいたそうです。
「おかしいね、誰もいないのに・・・」
父が2階に上がってみましたが、誰もいません。

きっと、おじがやっと自分の足で歩いて家に帰ってきたのでしょう。
父が2階に向けて言いました。
「兄貴、おかえり。」
それからはもう足音はしなくなったそうです。

ちなみに父のお母さんが亡くなったときにも似たようなことがあったそうです。
みんな、家に帰るんですね、きっとね。



関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

駅の時計
プロフィール

トレロ・カモミロ

Author:トレロ・カモミロ
たたかいよりも、ひるねがすき。

がんばれカープ
グリーンリボン
FC2カウンター
Twitter
Twitterブログパーツ
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。