ふとんの下に何かある。

ただ、楽しく生きる。
TOP ≫ CATEGORY ≫ ありがとどぶちゃん
CATEGORY ≫ ありがとどぶちゃん
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

hozon 2003

2003/12/28のBlog
杉田あきひろさんのコンサートへ。
[ 07:06 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
朝、家を出るとき「しゅっしゅっぽっぽものらんし、しんかんせんものらんよー」と半泣きだったわたげも順調に電車に乗り、新幹線に乗り、福山へ到着。

私達の席は1列目のセンター。もう、目の前よー。母さん大喜び。ところが席についた瞬間、「ちゅん(彼女は自分をこう呼びます)、あきひろおねえさん(ここも彼女独自の言葉のようです。ほんとはお兄さんです。)こわいんよー。」でた~。でました。うそばっかり・・・そして、会場の一番後に私を引っ張っていくのです。もう、母さんドギマギよー。なんとか機嫌をとり、1列目に無事おさまったのでした。

そんなこんなで楽しんで来ました。なによりも、子供たちの姿がおかしくて、かわいかったです。




2003/12/24のBlog
サンタさんからのプレゼント
[ 06:48 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
「サンタさんからのプレゼント、何が欲しいの?」
「おせんべ」
わたげの答えは一貫しておりました。おせんべいを買って、かわいいクリスマス用にラッピングしてもらう勇気も無く・・・

 このまま枕元に置いて・・・どーなんだー。いいのかー。
 来年はこんなかわいいことは言わないんでしょうね。
皆さんにステキなクリスマスが訪れますように。
メリークリスマス。



2003/12/19のBlog
こどものしつもん
[ 06:50 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
ある子供がお母さんにこんな質問をしたそうです。
「なんで、人を殺してはいけないの?」
皆さんなら何と答えますか。
「一人一人が大切な命だからね。」
そんな答えでは説得力がないかもしれません。
こんな質問、すること自体私には理解することができません。命の大切さは言葉では表現できないような気がするし。
この子が、この質問の答えを見つけられずに大人になってしまうとしたらとても悲しいことです。私も、命の大切さを日々の生活の中で子供に伝えようと思います。




2003/12/12のBlog
わたしにできること
[ 06:38 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
ロッカールームで友達と偶然一緒になりました。私が子供を産むまでは、いつも一緒にいた仲良しの子。まだ25歳かな。
 「前から言おうと思ってたんだけど・・・」と、彼女は話しはじめました。11月にお母さんがクモ膜下出血で倒れたこと、まだ意識が戻らないこと・・・
 私は彼女に掛けることばがみつかりませんでした。最近は、前のように話をする機会もなくなってしまっていたし、彼女の友達でありながら何も気付かずにいたし。前の私なら、彼女の様子にもっと敏感だったはず。
 「もっと早く言おうと思ったんだけど、言ったら私も泣きそうだったから・・・」と、彼女は付け加えるように言いました。
 友達。友達。大切な人たち。
本当に大切にできているのかな。
もう一回考えてみます。
 私にできること、彼女を支えることくらいしかないけれど。



2003/12/08のBlog
すてきなおくりもの
[ 06:40 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
今日、仕事から戻りいつものようにポストを覗いてみると、郵便物に混じって可愛らしい封筒が入っていました。
 宛名も差出人もありません。きっとご近所の方でしょうね。封筒の中には写真が数枚。我が家のベランダなんかに咲いていた花の写真でした。
 私達家族は、誰も写真になんて残していなかったのに、ありがたいことです。なんだかほんわかとして、嬉しかったな。
 こういうプレゼントもあるんですね。見習おう。



2003/11/23のBlog
こどものきろく
[ 06:34 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
子供が面白いことを言うようになったので記録に残しておこうと思います。
 わたげがまぁ、悪気はないんですが布団にペンのインクを付けちゃったのです。私が「あ~あっ」って泣きまねをするとわたげは言いました。
 「かあさん、なきんちゃんな。わたげのたからものなんじゃけん。」
 それでもまだ黙っていると
「あれ、かあさん。にじがでとるよ。にじが。みてごらん。」
 閉めきった座敷のどこに虹がでたというのでしょうか。
思わず吹き出してしまいました。

 私が洗濯物を取り入れていました。するとわたげが言います。
「かあさん、あんなところにじゃがいもが・・・。ほらみて。」
 「は~。どこへぇ~。」
と覗いてみると、2軒向こうのご近所さんがベランダで干し柿の具合を見ていらっしゃいました。
恥ずかしくなった私は、
「う~ん。ほうじゃねぇ~。じゃがいもがあったねぇ~。」
と、まるでそこにじゃがいもがあるかのような演技をしたのですが・・・バレバレでしょうね。

 これはおばあちゃんとおつかいに行った時のことです。わたげが
「ばあば、みて~。しんでる~。」
と言ったそうです。
「えっ。虫が?」
「いいや、おっきいじいちゃんが・・・」
 つむが指差したのはご高齢で腰が曲がってしまわれたようなお爺さんだったそうです。
何ともフォローのしようが無かったそうです。「死ぬ」っていうこと、ちゃんと教えなきゃいけないかな。




スポンサーサイト

hozon 2004

2004/06/11のBlog
子供が嘔吐・下痢をしているとき食べてよいもの・よくないもの
[ 14:07 ] [ けんこう ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
☆食べてよいもの
・野菜スープ
・おろしりんご
・おかゆ
・食パン
・よく煮たうどんやそうめん(うどんのだしもよい)
・白身の魚
・豆腐

☆食べないほうがよいもの
・冷たいもの→アイスクリーム、ジュース
・乳製品→牛乳、ヨーグルト、バター、チーズ
・油を使ったもの→揚げ物、ラーメンなど
・糖分の多いもの→お菓子類、ケーキ類
・センイの多い野菜、果物類
・肉類

水分補給は湯冷まし・薄い番茶・アクアライト・ポカリスウェットなどのスポーツ飲料を少量・頻回に与えるようにしてください。清涼飲料水などは控えてください。
また、赤ちゃんの下痢の場合、母乳はかまいませんが、ミルクは3分の2から4分の3に薄めて与えてください。




2004/05/22のBlog
昨日のこと
[ 23:15 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
昨日、わたげは初めて幼稚園でごはんを食べました。
迎えに行ったときの先生の話
「わたげちゃん、出された物はちゃんと食べました。こぼすほうが多かったかもしれないですけど。あと、牛乳を服にこぼしたのでまた着替えましたー。」

ほう、やるなわたげ。
昨日は幼稚園のお誕生日会でカレーが出たのです。
家ではろくにカレー食べないのに、幼稚園では食べたのね。おいしかったのでしょう。

がんばったね。 昨日、私は1時に仕事を終えて2時に幼稚園に迎えに行ったのですがすこーし時間が余ってしまいました。

お昼ご飯も食べていなかったので近くの公園でベンチに座ってパンを食べてみました。

たまにはこんな時間もいいです。



2004/05/15のBlog
おもらし。
[ 23:23 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
歩いて5分くらいのところにあるスーパーへ買い物に行きました。
さっきトイレもすませたから・・・と、サイフしか持たずに出掛けました。

いつも行くところなのでわたげは子供用の小さなカゴを取ってサッサとお菓子売り場へ・・・
私は家族のお昼ご飯を考えてウロウロ・・・

突然わたげが「かあさ~ん。」と叫びながら寄ってきました。
「どしたん。」
「うんち~。もらした。」←わたげはおしっこもうんちも「うんち」です。
「は~ぁ。???」

行ってみると、お菓子売り場の床に水たまりが・・・
ハンカチもティッシュも、持ってないよぉ~。
いそいでレジへ行って
「すみません、そこのティッシュ借していただけますかー。すみません・・・」
で、箱ごとティッシュをお借りしてなんとか処理。
まぁ、こんなこともあるよね。

やっぱりハンカチとティッシュペーパーは基本なんですねぇ。



2004/05/11のBlog
今日のわたげの寝言・・・
[ 23:25 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
今日は幼稚園から戻ってお昼寝しました。
そのときの寝言・・・

「さいしょはグーじゃんけんポン」

だって~。

母と大笑いしました。



2004/05/10のBlog
幼稚園初日
[ 23:32 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
5月10日、今日無事入園しました。
ばあばも母さんもいないと思ったとき、一度泣いたようです。
でも、お絵かきやねんど遊びをして元気に過ごしたようです。
初日、無事終わりました。
がんばったね、わたげ。

仕事しながら「わたげがんばれよ~」とひとりごとを言っていた私でした。



2004/05/08のBlog
私たちはどんなふうに死ぬのか・・・
[ 23:34 ] [ せいかつ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
叔父が昨日、手術をしました。
糖尿を患い、片足を切断していたのですがまた様態が悪化してもう片方も切断ということになりました。術中、30秒間心停止の状態にあったようです。
今も意識は戻っていません。

周りを思ってみれば、脳の出血で突然倒れてずっと意識のない友達のお母さんがいる。同じく麻痺が残る同僚のお母さんがいる。ガンでお母さんを亡くした友達がいる・・・

糖尿、高血圧、ガン、寝たきり・・・
親に何が起こっても不思議ではない年齢になったということでしょうか。
私たちの未来はどうなんでしょう。
やっぱり同じようにして死んでいくのでしょうか。

そう思うとどんなふうに生きるのが正しいのかわからなくなりそうです。
悔いのない生き方とはどんなものかな・・・



2004/05/06のBlog
来週から幼稚園
[ 23:12 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
幼稚園のご厚意により、教会の保育園児として入園させていただくことになりました。

まだまだ不安でいっぱいです。

入園に実際どのくらい費用がかかったのかといえば、約8万~9万円といったところでしょうか。制服が無いのでまだ助かりました。

何が大変と言って、持ち物の全てに名前を書くこと。
マーカーの一本一本、クレパスの一本一本にまで名前を書くんですね。
そりゃ、そうです。

とにかく、わたげさん、がんばれよ~。
私もなんだか寂しいんだよ~。
一緒にがんばるべー。



2004/04/24のBlog
入れるかな・・・幼稚園
[ 22:48 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
4月に入れてやればよかったのに、私がぼんやりしていて、満3歳にならないと入れないと思っていました。幼稚園。入れるんだったのね・・・

で、主人が幼稚園へ行って説明を聞いてきてくれました。
定員もギリギリだったみたいですが、なんとか見学のお許しを頂いて木曜日から見学に通っています。
「わりとしっかりしているよ。」
と、言ってくださったものの、全員が整列して体操を始めるとつむぎは一人、すべりだいに登って見ています。
きっと一緒にやりたいんだと思うのですが、甘えと恥ずかしさで「やらん」としか言いません。

子供の世界はどんなのだかわからないけど、これは親の目からみるとちょっとむなしいかんじ・・・でも、まだまだ始まったばかり。7月から入れるかどうかは微妙ですが、頑張ってへこたれずに連れて行ってやろうと思います。

わたげがんばろーぜぇぃ。
親子共々成長したら、続きをまた書きます。



2004/04/09のBlog
歌を唄ったらお人形さんになる・・・
[ 22:03 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
わたげにとって、私は相当「うるさい」存在らしい。
料理しながら、洗い物をしながら、掃除機かけながら・・・とにかくいつも何かしら唄っていることに気付かされる。うるさいのかなー・・・

わたげは言う
「そんなに唄いよったらお人形さんになるよ。」
「はー、ごめんごめん、うるさかったねー。はーい、やめまーす。」

でも、気付くとまたいつの間にか唄っていた・・・
横を見るとわたげがまた、立っている
「唄ったら、お人形さんになるって言ったでしょ・・・」
「はーーーっ。ええじゃん、ちょっとぐらい唄ったってさー。」
「だーめー。」

なんでお人形さんにならんにゃいけんのんよー。
それだけ「うるさい」ってことか・・・
気をつけますよ、お人形さんにならんようにね・・・




2004/04/06のBlog
胎毛筆
[ 22:05 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
やっとできました。
わたげの胎毛筆。
立派なものです。一生の宝物にします。

熊野筆センターで作っていただきました。
名前もなんかも刻んであって、とってもきれいです。




小さな本屋さん
[ 21:53 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
「今月いっぱいで閉店いたします。」

私が小学生の頃から通っていた小さな本屋さん。
ネットなんて知らなかった時代、欲しい本をいつも取り寄せてくれた。
しかも、取り寄せてもらった本を取りにいくと、「いーい本じゃねぇ、こりゃ~。」
って、おばちゃん、読んどるじゃん・・・
まぁ、ええんじゃけど。
そんな雰囲気が好きでした。

立派な本屋さんができて、それはそれで嬉しいんだけど、こんなあったかいお店がなくなるのは悲しいな。

昨日、わたげと二人で行ってきました。
わたげは絵本を、私は情報誌をそれぞれ1冊づつ買いました。
「別々の袋に入れたほうがええじゃろ。」
お店のおばあちゃんは、つむぎの本を手提げ付きのビニール袋に、私のを紙の袋に別々に入れてくれました。
「ありがとう」と心をこめて言って帰りました。



2004/03/26のBlog
友達からもらった手紙
[ 21:56 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
毎度、手紙の整理中の私・・・
大学卒業の日に親友、こーばさんからもらったメッセージ。
いつまでも忘れたくないのでここに残しておきます。


あの頃の私たちは いつか みんな遠くなるなんてこと
考えたこともなかったね
勉強ははっきり言って苦手だったけど
学校が好きだった
みんなに会えるから ただそれだけで嬉しかった
約束なんていらなかった

明日も あさっても その次も その次の日もずっと
ずっと
みんな一緒だった

泣いたりもした
怒ったりもした
でも いつも 最後には笑ってた

大人にはくだらない 小さなことでも
私たちにとっては 楽しかったよね
大切だったよね

何の変哲もないように思えた毎日
だけど
無駄なものなんて 何一つないから

ずっと 忘れないでいようね
遠く 離れても

変わらずにいることはできないけれど
また いつか みんなで会える時
同じように 笑おうね

いつまでも 友だちでいようね



2004/03/25のBlog
普通に会えることの幸せ
[ 21:58 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
昨日、出勤すると同僚が言いました。
「○○さん、出勤の途中、自転車でタクシーとぶつかってちょっと頭打ったから、病院行ってから来るって・・・」
え~っ。私はとっても心配になりました。
「○○さん、自分で電話かけてきたの」
「うん。声は元気そうだったよ。」

仕方なく仕事に取り掛かる私・・・
すっきりしません・・・
11時頃、ふと見ると○○さんの姿が。
「うわぁ~、大丈夫ですかー。心配したーっ。」
「ごめんねー」

○○さんたら、
「わたぼうしさんの顔見たらなんか安心して・・・」
と、売場でウルウルしている。
私まで泣きそうになってしまいました。

ほんと、普通に会えることって当たり前なんだけど、当たり前じゃないなーって思いました。
皆さんも気をつけてくださいね



2004/03/15のBlog
子供のなかに自分を見る
[ 17:16 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
わたげがトトロを抱っこして言っている・・・
「とぉとぉろぉ~。今のはいけんよ~。悪い子はねぇ、ゆるさんのんじゃけん。悪い子はねぇ、捨てるんじゃけん。ねぇ、母さん・・・」

「う・うん・・・わたげちゃん、怖いねー。」

そのままだ。そのまま。
最近は「捨てる」なんて言わないように気をつけていたのに、もう、遅かったのねー。
ごめんよー、わたげ。



2004/03/12のBlog
出勤途中で会う人
[ 17:06 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
出勤途中で毎日のように顔をみかける人って、なんだかしらないけど気になりませんか。

名前も、どこへ行くのかも知らないのに毎日会ってるなんて。あいさつをするほどじゃないし・・・

と、いうわけで私がいつもすれ違う人をご紹介します。

まず、通りへ出ると自転車に乗った美容院の先生。
毎日どこへ行くのか不思議・・・

それから曲がり角にある会社の男の人。
二人、見る。一人はバイクに乗ってる。時々一緒に缶コーヒーを買ってる。お疲れ様。

それから自転車の前と後ろに子供を乗せてヤクルトの制服を着た女の人。お疲れさん。

それから後ろに子供の座席のついた自転車に一人で乗って、タバコ買ってるおねえちゃん。ごくろうさん。

あと、顔だけ知ってる人色々・・・
みんなみんなごくろうさん・・・
私も頑張ります。



2004/03/05のBlog
消防車に手を振ったら・・・
[ 17:08 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
今日、わたげと歩いていると向こうから消防車が走ってくるのが見えました。サイレンは鳴らしていません。
「わたげ、赤いきゅうきゅうしゃじゃ。かっこいいねぇ。バイバイしてみんさい。」
そう言うと、わたげは素直に手を振りはじめました。
まぁ、そのまんま通り過ぎるだろうな、とは思っていました。

が、なんと消防車に乗っていた一人の方がわたげに気付いてくださったのですね。
しっかりと笑顔で手を振り返してくれました。
そのときのわたげの表情といったら、カンドウというか、ビックリというか・・・おかしな顔をしていました。
「よかったね~。」
と言うと、
「うん。」と嬉しそうに答えました。

私もなんだかとっても嬉しかったです。



2004/03/02のBlog
むかしの人の知恵
[ 16:39 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
昨日、わたげが下り坂を爆走していてアスファルトの地面におでこを打ちつけてで~っかいタンコブができてしまいました。

帰宅後すぐに母がタンコブに秘薬を塗ってくれました。
と、いってもお砂糖にほんの少し水を混ぜて練ったものです。

何時間か後にはアオジになってぷっくり膨れていたタンコブの腫れがかなり良くなっていました。
お砂糖ってすごいです。むかしの人の知恵って本当にすごい。





2004/02/21のBlog
象を助ける方法は。
[ 16:28 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
昨日、ジーンズショップに行きました。
そのお店にはかわいい子供服なんかもあって、子供が遊べるように小さな象のぬいぐるみが置いてありました。
わたげがその象と遊んでいるので私は服を色々見ていると、わたげが来て
「ぞうさん、おしりが痛いんだって・・・」
「あーそうなん。よしよし・・・」
と、最初私はまともに聞いていませんでした。

「おかあさん、ぞうさん青いところが痛いんだって・・・」
よくよく見てみると象のしっぽが外れかかっていて、そこを青い糸でつくろってあったんですね。そのつくろってあるのも、もう外れそうになっていました。
「そっかー。」
「かわいそうに・・・」
二人でなでてやったのです。

夜、お風呂の中でわたげが言いました。
「こんど、またぞうさん助けに行こうか・・・」
「そうよねー。助けに行こうねー」
とは言ってみたものの、一体どうやって助けようか・・・
いきなりお店のものを縫うわけにもいかないし・・・
わたげ、絶対覚えてるしなぁ~。
象を助けるのも大変です。



2004/02/19のBlog
プリモプエルと話すぅ~
[ 16:31 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
プリモプエル。
うちにも一人います。

わたげが絵を描いてました。
「これは母さんと、ちゅん。」
「これはネェちゃんとちゅん。」
次に描いたのがプリモくんでした。
プリモくんを描いてプリモくんの目の前に差し出します。
「どう?」
言いながらしっぽを触りました。
「ちょっと・・・」
「え? ちょっと何が足りないのぉ?」
「よ~し。」
足を書き足すわたげ
「これでどう?」
「ちょっと・・・」
「え? ちょっと何が足りないのぉ?」
そしてまた書き足しに行きました。

プリモくんは
「ちょっと、そっとしといてよ~。」
って言ってるだけなのに・・・



2004/02/09のBlog
何げないふれあい
[ 16:05 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
今日、子供と母と3人で買い物に出かけました。
ショッピングセンターのガラスの扉って、けっこうずっしりとして重たい。
子供に当たったりしたら大変。私にとっては、一番先頭に立ち子供と母が通るまでドアをしっかり支えるのが習慣のようなもの。

たまたま今日、子供・母に続いて歩いてくる人がいたので私はその人が出るまでドアを支えていました。

当然のことのように通り過ぎる人。
会釈して通る人。
不思議そうに私を見る人。
いろんな人がいらっしゃいます。

今日の女性はとても印象深かったんです。
「まーぁ、私まで通していただいて・・・ありがとう。」
「いゃ~、主人にもしてもらったことがないのにー。産まれて初めてだわー。」
なんて言っていた。
思わずお互い大笑いしてしまったけれど、私もとても幸せになれました。




2004/02/06のBlog
下品でごめんなさい
[ 07:19 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
うちの店の若い子が私のところに走ってきて、こう言うのです。
「すいません、あの。香辛料のチンゲロールってありますか・・・」
「はぁ~。チンゲロールゥ~・・・」
(ここで周りの従業員一同爆笑する。)
とにかくそのお客さんの所へ行ってみる。
まさか、「チンゲロールをお探しですねー。」なんて言えんので、
「何かお探しでしょうか。」と言ったところ、そのお客さんはポケットからメモを取り出して私に見せました。
「ジンゲロール」・・・どうやらショウガの辛味成分の名前らしい。とりあえずジンジャーを紹介して接客は一段落。

その後事務所に帰ると「どーなったん、どーなったん」とみんな訊いてくる。
私も一瞬、パンのことかと思ったんだけど、やっぱりみんなもパンを想像してしまったらしい。
一体どんなパンなんだー。と、バカな私たちは苦笑い・・・

とっても下品でごめんなさい。



2004/01/12のBlog
繊細なこころ
[ 07:12 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
土日に山口県で遊んで来ました。
湯本温泉に一泊しました。

主人が「いつも忙しいから、たまには一人でゆっくり温泉に入ってきんさい。わしがわたげと入るけん。」
と、言ってくれたので(次の日はやっぱり少し雨でしたねー。)とっても嬉しくてゆーっくりお湯につかりました。

その後、食事が終わって主人が「もう一回風呂に行ってくる。」というので、「そうだねー。さっきはゆっくりできんかったじゃろうね。行っておいでー。」と、言ったのです。

子供って、よく聞いてます。親の会話を。
「お父さん、どこへいったの。」
「あ、お風呂よ。」
「さっきわたげと、はいったけん?」
え?と私は思いました。
「お父さん、さっきわたげといっしょに入ったけん、またお風呂に行ったの?」

とっさに私は
「違うよー。お父さん、お風呂がすきじゃけんもう一回入るんじゃって。」
と言いました。私と主人の会話を聞いていて、なんとなく感じ取ったのですね。自分がいたらお父さんがゆっくり入れないのかなー、と。

軽い気持ちで話していたことばで、わたげを傷付けちゃったような気がして、ちょっと反省しました。
ごめんよー。



2003/12/31のBlog
よいお年を。
[ 07:02 ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
今年の仕上げに、わたげのクセを書いておこうか。

「はっくしょ~ん。」のあと、なぜか必ず「む~。」
「はっくしょ~ん、むぅ~。」
これ、1度も欠かさず言ってます。
私も真似して言っていたら、これがなかなか心地よい余韻・・・私もクセになりそうです。

ぜひ皆様もお試しください。きっと笑えます。
「はっくしょ~ん」「むー。」です。
カンタンです。

さてさて、皆様お世話になりました。
出逢いがいっぱいでとてもうれしかったです。来年はもっともっといろんなお話をしていけたらいいなと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

それでは、どなた様もよいお年をお迎えくださいね。




hozon 2005 2004

2005/01/07のBlog
親切なラーメン屋さん。
[ 10:37 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
と、言っても娘とのごっこ遊びです。

娘はラーメン屋さんになったつもりです。

娘「いらっしゃいませ~。」
私「あっ、どうも。」
娘「何名様ですか。」
私「あー、一人なんですけど・・・」

娘「あ、一人なんですか。寂しいですね。誰か連れて来ましょうね。」
私はキューピーちゃんとスヌーピーと一緒にラーメンを食べたのです。

ごちそうさまでした。



2005/01/03のBlog
きのこたけのこと言えない・・・
[ 10:32 ] [ せいかつ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
今日うちの店の特売でした、この商品。

お母さんに何回も「きのこたけのこでしょ~。もぉ~、バカじゃねー。」
と言われてもきのこたけのこと言えない子を発見。

お母さんに負けずに何回も「きのこしいたけ買って~。」って言い続けています。

「ほんっまにバカじゃねー、あんたー。きのこたけのこじゃろぅ~、もぅ。」
「お母さん、きのこしいたけ買って~。」

私は、仕事しながら耐え切れずに笑ってしまったのでした。



2004/12/11のBlog
警察のクリスマスツリー点灯式。
[ 10:43 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
昨日の夕方、幼稚園の行事で点灯式に行きました。
わたげたちは、「きよしこのよる」を歌ったのですがわたげの口の動きはこんなかんじ。

まず英語バージョン
「・・・・なー」
「・・・・なー」
「・・・・かー」
「・・・・らー」
こんなかんじ。

日本語バージョン
「・・・・しー」
「・・・・るー」
「・・・・はー」
「・・・・りー」

面白かったです。

歌の後パトカーに乗ったサンタさんが登場。
しかも二人。
おやつを頂きました。

わたげのひとこと・・・
「わたげちゃんはねぇ、トナカイさんにあいたかったんよー・・・」
ごめんねー、わたげ。



2004/09/28のBlog
リンク・リンク・リンク
[ 18:01 ] [ どぶろぐ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
表示したいリンク名称

コメント欄などでリンクしたいときに使う。

XXXXは表示したいとこのアドレスを入れる。



2004/09/15のBlog
今日の味噌汁の具は・・・
[ 18:04 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
夕飯の支度をしながら傍にいたわたげに言いました。

「ねぇ、今日の味噌汁の具なんにしよーかねぇ。」

「ぶどう・・・」


さすがにそれはできんかった私です。
作ってみようかな・・・



2004/09/06のBlog
びしょぬれで笑ってしまった・・・
[ 18:06 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
自転車で幼稚園のお迎えに行きました。
幼稚園の門を出るまでは雨さん、降っていなかったんです。

門を出て5歩くらい行ったところで
「ポト」「ポトポト」「ポトポトポトポトポトポトポト」「ズワァ~」

慌てて持っていたレインコートをわたげに着せました。
傘も持っていなかったので自転車に飛び乗って帰りました。
あまりにもひどい降りようだったものであっという間に私はびしょぬれ。
メガネに水溜りができるし、前は見えんし、目にしみるし・・・
もう、ぐちゃぐちゃ・・・

あんまりにもひどすぎて、大笑いしてしまいました。
そんな私たちを見た通りすがりの人たちも、見ただけで大笑い。
大変だったけど、おもしろかったー。



2004/08/22のBlog
感動した・・・
[ 06:17 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
今日、わたげが初めてパジャマのボタンを下から上まで全部自分でとめたんです。
すっごーく下手なの。
でもね、何回失敗しても何度も何度もやり直す姿に感動してしまいました。

私たちにもこんな日があったんですよねぇ。



2004/08/10のBlog
「わらいんぼ」
[ 06:21 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
昨日のことです。
夜子供と二人布団に転がって、本を読みながら話していました。

「わたげちゃんは、なきむしかいねぇ?」
「ちがうってぇ~。」
「あっ、じゃあ、おこりんぼかぁ・・・」
首をふりつつ「わ・ら・い・ん・ぼ」

笑いながらも、このことば、なんだかいいなー、って思いました。
わらいんぼ。
わたしもわらいんぼになりたいと思います。



2004/07/06のBlog
七夕まつりでわかったこと・・・
[ 13:54 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
3日に幼稚園の七夕まつりがありました。
みんなで歌をうたったり、ギターの演奏を聴いたり、お弁当を食べたり、楽しかったです。

ところが・・・
なんと、わたげにはけんちゃんという彼ができていました。
ず~っと二人っきりで手をつないでいました。
けんちゃん、つむの頭を撫でてるし・・・すごいなぁ。

この日は、園庭の遊具の使用を中止していました。
それを知らなかったけんちゃんとわたげは滑り台に登ってしまいました。
私は「わたげちゃん、けんちゃん、今日は滑り台お休みだよ。降りておいで~。」と言いました。
そこへ、男の子がやってきてまた言いました。
「わたげちゃん、けんちゃん、あがっちゃぁーいけんのんよー。」
わたげは、驚いたのか「ごめんなさい」と言ってべそをかいています。
「泣かんでもええんよ。」と私が言うのと同時にけんちゃん、「もぅ。わたげちゃんがなきよるじゃんか~っ。」とその男の子にどなり返しています。

三歳の世界もすごいものですね。
好きになったり、かばったり、ちゃんといろんなことがあるのですね。

今日も二人、元気に手をつないで行きました。
恋路の行方はいかに・・・

さて、わたげの願い事は叶うかなぁ。



2004/07/03のBlog
子供との会話
[ 13:59 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
最近、こんな無意味な会話をしています。

子供「jl;kギkrt9巣苅間の力原の練りミラノラノセノマoh」
私「;kぐrつおgふぉいうびt090569pjp夫jkp;jd」

暗号ではありませんよ。解読しなくっていいんですよ。
発音は、そうだな~、フランス語に近いかな。
延々、べらべら言っています。
もちろん意味は全く無し。

この楽しい会話は子供の「はい、エービーシーはもうおしまいね。」で終わります。
子供は自分が英語を話しているつもりのようです。




[ 06:29 ] [ ことば ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
波の一つ一つは
私たちの一日一日に似ている。

おだやかな波。
激しい波。

波は
それでも太陽や月の光を受けて
いつも光っている。

私たちも
たくさんの力を受けながら
いつも光っている。



2004/06/12のBlog
おじちゃん、おかえりなさい。
[ 14:06 ] [ せいかつ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
先週、おじが他界しました。
糖尿病が原因で片足を切断、その後もう片方の足も切断。
2回目の手術では30秒間心停止。
でも、「痛い、痛い」と言い続けながらよく頑張りました。
最後は透析もままならず、苦しい苦しい、最後でした。

これはおじの葬式を終えておじの家族が家に戻ったときの話。
私の両親もちょうどお邪魔していました。

ふと、2階から足音・・・
母は、空耳かと黙っていました。
すると、また2階を歩く音。
2階には誰もいません。
「ねぇ、今足音聞こえたよね・・・」母は言いました。
すると、もう一人その音を聞いていた人がいたそうです。
「おかしいね、誰もいないのに・・・」
父が2階に上がってみましたが、誰もいません。

きっと、おじがやっと自分の足で歩いて家に帰ってきたのでしょう。
父が2階に向けて言いました。
「兄貴、おかえり。」
それからはもう足音はしなくなったそうです。

ちなみに父のお母さんが亡くなったときにも似たようなことがあったそうです。
みんな、家に帰るんですね、きっとね。



hozon 2005

2005/11/28のBlog
それは肩甲骨ですが。
[ 14:01 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
お風呂に入ってわたげがときどき言ってます。

「ねっ、わたげちゃんここに羽があるんよ。みてみて。」

うんうん。うん。
ほーじゃね。
飛べるんじゃね。
いいねぇー。

肩甲骨が羽だったら・・・
私も飛んでみたいなぁ・・・


2005/10/31のBlog
まるごとハッピー10月です。やたーっ。掲示板。
[ 19:15 ] [ どぶろぐ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
今月は誕生月です。
1月がかりでお祝いのメッセージ・プレゼント各種もろもろをお待ちしております。
さあ。
どうぞ。

さあ。
あなたも。
わたしも。

勇気をふりしぼって・・・
ねっ。 1日 お母さんの誕生日です。
2日 とうてつ庵のお蕎麦。
3日 50円拾う。
4日 アレッポの石鹸とバムとケロのカレンダーを注文したぞ。
5日 晩御飯を手抜きした。
6日 アレッポの石鹸が届いた。
7日 おゆうぎの練習、楽しかった。
8日 運動会楽しかった。
9日 姉に夢のようなことが起こった。
10日 お昼寝する。
11日 幼稚園のお友達といっぱい遊ぶ。
12日 みんみんさんとこの眉子さんのお誕生日でーす。わーい。
13日 店の10月生まれ大集合で飲みに行きました。
14日 スナッフルズのチーズオムレットを頂きました~。
15日 クレイジーフォーユーをやっと観る。
16日 行ったことのない温泉に行く。
17日 わたげがごほうびを頂く。
18日
19日 カレンダーと本が到着。
20日 はじめてのスーパーでお買い物。
21日 レクレオープン。
22日 ゆっくりゆっくり過ごす。
23日 最高。まっきー。

27日 掘りたてのさつまいもを食べる。
28日 幼稚園で子供たちと遊ぶ。



2005/09/30のBlog
9月ラクガキ帳です。
[ 19:30 ] [ どぶろぐ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
1日 充実した一日でした。楽しかった。
2日 マッキーのチケットが届く。
3日 メールを頂きましたー。
4日 うまれて初めての経験。
5日 「ひよこ」もらった。あ、おまんじゅうの。
6日 ドアノブが壊れましたが、かぎの110番さんの手により3分で修理完了。寿命があるんだって。
7日 吉本のチケット頂く。
8日 犬を見つけた。
9日 夕刊をおごってもらう。
10日 わたげと仲良くビデオを借りに行く。
11日 ゼリーやらお菓子やらを頂く。
12日 23歳と28歳と32歳で飲む。
13日 みんなの気持ちが同じだということを知る。
14日 みんみん姉さんよりメールを頂く。
15日 友達に二人目の子ができたそうです。
16日 吉本新喜劇を観たよ。
17日 アイーダのCDが近くのセブンに着いてるはず。いかにゃ。
18日 温泉とレッズ戦に行く。
19日 赤外線通信ってすごいと知る。 
20日 運動会用に靴を買う。
21日 青いたまごをいただく。
21日 お米について勉強できた。
22日 忘れた。 
23日 リロ&スティッチ?のDVDを貸してもらう。
24日 倉庫の棚卸しが早めに終ったよ。
25日 一緒にお仕事。
26日 姉ちゃんが嬉しそうじゃった。
27日 一人を味わう。
28日 久々に映画を観にいく。
29日 仕事猛スピードっっっ。
30日 みんみんさんの日。



わたげ
[ 19:28 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
わたげのお弁当箱を洗っている私の傍に来て、おかずを入れる使い捨てのケースを洗い始める。
「わたげちゃん、それはもう捨てようや。また新しいの、使うけん。」
「だめよ。これはわたげちゃんのだいじじゃけん、またつかう。ここにほしとって。」
かわいいのぉ。

♪字が読めないくせに紙芝居を読んでくれます。
「○○がやってきました。そのとたん・・・」〔紙芝居を抜く〕
「○○はびっくりしてしまいました。そのとたん・・・」〔紙芝居を抜く〕
そのとたん・・・って。




2005/09/08のBlog
初めて子供を尊敬した日。
[ 19:35 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
今日、幼稚園の帰りいつものように自転車の後ろにわたげを乗せて走っていました。
するとランドセルを背負った小学生の女の子が話しかけてきました。
「犬、見なかったですか。白と茶色の。」
「いやぁ、今のところ見てないねぇ・・・ごめんねぇ。ほいで、もし見つけたらどうすればええ?」
「私のところに連れてきてください。」
「・・・・。わかった。」

私の心は腐っていました。
「どうせ見つからんよ。あの子、まだ家に帰ってないのに何で犬を探しよるん・・・」って。

途中、寄ったスーパーでつむが言います。
「ねぇ、おかあさん。どうして探してあげんのん。探すってゆーたじゃん。」
「うん。でもねぇ、たぶんよー見つけん思うよ。捕まえてもあのおねえちゃん、もうおらんじゃろ。」
「えー、なんでぇー。探してあげようやあ。ねー。ねー。」
「わかった。じゃ、自転車で走って探してみようや、その方が早いじゃろ。」
「うん。いいよ。」

それでも私は思っていました。
「まぁ、ここらへんぐるっと探してみたらわたげも諦めるじゃろ。」

「よっしゃ、じゃぁ、わたげの言うとおりに走るけんね。どっち行く?」
「こっち~」

なにげなーく走って・・・走って・・・
「ぐぁ~っ。見た????今の???」
おったんです。その犬。
「お母さん、はやくーはやくー。なんで追いかけんのーーーーー。」
とうとう泣き出すわたげ。
いや、そりゃ、おると思わんし、捕まえられるような大きさじゃないよー。
仕方なく、駐車場に追い詰める・・・

「はやくーーー。だっこしておねえちゃんとこにつれてくいぅーーー。」
また号泣・・・
おいおい、どーしよ。デカイ。
で、その肝心のおねえちゃんがおらんじゃろー。

と、思ったとき・・・
誰かが走ってくる・・・
おーーーーーっ。
さっきの子じゃーーーーーっ。
思わず叫ぶ私たち「ここよー、ここよー。」絶叫・・・

その女の子は犬を追いかけながら
「ありがとうございましたー。」
って言ってました。

なんなんでしょうね。
不思議なできごとでした。
心が汚れてます・・・清掃します。




2005/08/31のBlog
8月です。みんなでチューチュー食べましょう。でも身体によいものをね、掲示板
[ 19:40 ] [ どぶろぐ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
8月1日 お饅頭を頂く。
8月2日 親友と話す。
8月3日 ハンドソープを頂く。
8月4日 お土産を頂きました。
8月5日 おいしいランチを食べました。
8月6日 プチプチオフ会。いえい。本当に楽しいっっ。
8月7日 ごはんを食べに行きました。
8月8日 スヌーピーの包装紙をもろうた。
8月9日 回転すし。
8月10日 発注スピードがはやいっっ。
8月11日 「継承」の宮本さんに会う。
8月12日 子供服の安いのを買う。
8月13日 京都、以外に蒸し暑い度が低かった。
8月14日 念願のリベロへ。

8月15日 40000回もクリックしていただけました。ほとんど自分??でも、皆さんいつもありがとうございます。感謝・・・・
8月16日 わたげが帰ってくるよん。
8月17日 次の旅行のホテルを決める。思い出の場所。
8月18日 溜まっていた仕事が少し進む。
8月19日~21日 旅行で遊びまくる。
8月22日~27日 記憶リセット・・・
8月28日 ある方と連絡がとれました。よかった。
8月29日 わたげがいい絵を描いた。
8月30日 髪切りに行ったら、新しいおにいちゃんが。
8月31日 マッキーのチケットをオークションでやっとゲット。



2005/07/31のBlog
らくがき帳。なんでもかいて帳。パート2
[ 06:31 ] [ どぶろぐ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
7月21日 やってきました。スペシャルディ。みんみんさんとデートじゃ。
7月22日 穴子天丼を食べた。
7月23日 自衛隊の護衛艦に乗る。
7月24日 店長・マネージャーが棚卸しを手伝ってくれた。
7月25日 恒例ランチ。
7月26日 「おこんじょうるり」を観る。
7月27日 おいしいスパゲティーを食べる
7月28日 やっとチケットが届く
7月29日 わたげと明日のために部屋の飾りを作る。
7月30日 ばあちゃんの誕生日。土曜市でマツケンコンテストを見る。
7月31日 一人の時間。



2005/07/20のBlog
らくがき帳。なんでもかいて帳。パート1
[ 06:37 ] [ どぶろぐ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
7月1日 友達とランチデートした。あっ、もちろん女の子と。
7月2日 てるてるぼうずを作ったら雨があがった。
7月3日 若者たちの恋に新展開。ドラマみたい。
7月4日 プーチパパさんから賞品が届いたぁ~。わ~い。
7月5日 自転車を飛ばして一時間で7箇所の用事を済ます!!
7月6日 ピンク色のお風呂に入ってうきうきする。
7月7日 勉強した。
7月8日 めったに見られないものを見る。
7月9日 帰ってきた。
7月10日 ソレイユで本物のランディくんを見る。
7月11日 偶然昔の同僚に会う。その子供と遊ぶ。
7月12日 新しいお友達と・・・
7月13日 職場がリニューアルオープン。
忙しくて忘れました、ごめんなさい。
7月20日 広島にてオンディーヌ開幕。
7月21日 ずっと待ってたスペシャルデー



2005/07/12のBlog
『わたしの宝物』
[ 06:39 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
「ねえねえ、お母さんの宝物は何じゃと思う??」

「わたげちゃんじゃろ。」

あっさり答えてくれました。

うんうん。
宇宙で一番愛しとるよ。

恋愛をしよるとき、彼氏が病気になったりしたら、すごーく心配しとるつもりだったけど。
自分の子供が病気になったときの心配に比べたら、全然比べ物にならんかった。
母の気持ちって、すごかった。まだまだ未知の世界じゃけれども。
元気に大きくなってね。

お母さんも一緒に勉強さしてぇね。
二人でちょっとずつ成長しようね。
ダメダメお母さんじゃけど、がんばるけんね。
ケータイとかメガネとかいっつも忘れものが多いけど、気をつけるけん。

大きくなったら二人で旅行に行こうね。
ほーじゃね、温泉がええね。

おとーさん、ごめんよ。
これが私の夢なもんでね・・・・




2005/07/02のBlog
日下部教会牧師・宍戸俊介さんのことば
[ 06:45 ] [ ことば ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
『星の光は何千年もかかって私たちのもとに届きます。
今見ている星の輝きも、実は何千年も前に輝いた星を見ているのです。
 思えば私たちの人生にも、そのような面があるのかもしれません。
早く結果が出ないと、自分の人生は誤りであるかのように思ってしまうのです。
〔中略〕
目に見える結果が出ないとしても、その時その時の課題の一つ一つとどのように向き合って歩んでいったかという点にこそ、その人らしさが現れるのかもしれません。』


出典・日本キリスト教団出版局「こころの友 2005/7」



2005/05/26のBlog
わたげ
[ 09:26 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
★私の姉とふざけていたわたげ。
あまりにも姉をバカにしたような態度をとってしまいました。

姉「あんたぁ、○○ねぇちゃんをなんじゃあ思うとんねー。」
わたげ「うーんとねぇ。おみそしる・・・」


★おばあちゃんとセレブな会話を楽しんでいたつむ。

おばあちゃん「じゃ、ちょっとあちらで待っておいてくださる?」
つむ「さるじゃないよ。」



2005/05/22のBlog
昨日の日記
[ 14:10 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
昨日、わたげは初めて幼稚園でごはんを食べました。
迎えに行ったときの先生の話
「わたげちゃん、出された物はちゃんと食べました。こぼすほうが多かったかもしれないですけど。あと、牛乳を服にこぼしたのでまた着替えましたー。」

ほう、やるなわたげ。
昨日は幼稚園のお誕生日会でカレーが出たのです。
家ではろくにカレー食べないのに、幼稚園では食べたのね。おいしかったのでしょう。

がんばったね。



2005/05/20のBlog
わたげ
[ 09:28 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
3歳11ヶ月。

「おてがみ」を書くのが大好きみたいです。
とは言っても、文字は「つ」しか書けません。
従いまして、こっそり中を覗いてみたら・・・→こんなんじゃった~。はははっ。笑うわー。

すごいと思うのは、一日に10枚くらい書いて次の日幼稚園で手当たり次第に配りよること。普通手紙っていうのは、○○ちゃんへとか相手を決めて書くもんじゃが。さすがわが子、素晴らしい。

そして、次の日に優しいお友達はちゃんとお返事をくれるんですよー。
ほんまに、ごめんねぇ。みんな。
しかもね、「さきちゃんにもろうた。」ゆうので、
「どのさきちゃん?さくら組の?うめ組の?」ってきいたら
「さきちゃんよね。もーぅ。」って・・・
さきちゃん、いっぱいおってんじゃけぇ、お母さんもわからんわいね。

ええよ、ええよ。
手紙を書くのはええことじゃ。お母さんも大好きじゃ。
もっともっとかきんさーい。



2005/05/03のBlog
こんどはほんとうにもうおわかれかな。
[ 09:32 ] [ せいかつ ] [ スライドショウ ] [ 編集 ] [ 削除 ]
私が10代のとき、突然母がもらってきた子犬。ニイチ。漢字で書くと弐壱、ヤクザさんが飼っていたからこんな名前です。
ヤクザさんは足が悪くて、大型の秋田犬ニイチを散歩に連れて行くことが困難となり、うちにやってきました。
あっ、私はヤクザじゃないですよ、もちろん。
「子犬」と聞いていたので、どのくらいかわいいんかと思って学校から帰ってみるとおそろしくでっかい・・・
「子犬でかわいいってゆーたじゃん。」
母にそう言ったことを覚えています。

高校を卒業して姉も私も実家を離れていた間、ニイチは母の寂しさを紛らわしてくれたそうです。子供の代わりになってくれとったんですね。

ここ最近、立つこともままならない状態です。
今日は狂ったように暴れていました。息も荒く、見ているだけでかわいそうです。
ニイチが今食べるのは、なぜかカステラと牛乳です。これなら食べます。
母はもういまさらヨボヨボになったニイチを病院に連れて行く気もないようです。
また元気になってくれればいいんですが・・・

どのくらい苦しいんでしょうか。
話すこともできないし、何を求めているのかもよくわかりません。
ただ、見守るだけです。

ペットを飼うのはいいんですが、このせつない想いがね・・・辛いです。
また、元気になってね。そんでまたつむと遊んでね、ニイチ。





hozon 2006

2006/09/19のBlog
オンナかオトコか・・・タマゴはいつ割れるぅ??
[ 09:38 ] [ せいかつ ] [ スライドショウ ]
私のタマゴ。
きこさまとおんなじくらいに割れると思って楽しみにしていたけれど・・・
きこさまは帝王切開ですでに出産されましたねー。残念。

私のタマゴはまだ割れませんが、もうパンパン。アンパンマン。うははっ。
さて、オンナかオトコか・・・これも楽しみにしてます。

予定日は26日。ちなみに前回は2週間遅れています。
さて、何日にどっちが産まれるかな・・・



2006/09/15のBlog
シューズが飛んでいったのは・・・
[ 13:26 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ]
18日の敬老の日にあわせて、幼稚園の行事としておじいちゃん・おばあちゃんにハガキを書いて送ることになっています。

一昨日、先生が子供たちに
「明日、みんなで郵便局にハガキを出しに行こうね。でも、雨が少し心配だね。」
ってお話されたそうです。

その日、突然わたげが先生に「シューズが片一方なくなった・・・」って言ったそうです。
「どしてなくなったん??」
「あーしたてんきになぁれ、ってシューズを飛ばしたらあの窓から飛んでいった・・・」

結局研修中の先生がシューズを取ってきてくださったそうです。
ほんまにもぅ、恥ずかしいなぁ。
本人曰く「ちょっと泣きそうじゃった。」って・・・
ほんまにへんな子じゃ。
ほいでも、やっぱりかわいいなぁ。。。。




2006/06/30のBlog
はっぴーたいありー5
[ 15:56 ] [ どぶろぐ ] [ スライドショウ ]
6/25
6/26 わたげが初めて一人でホッチキスが留められたと喜んでた。
6/27 公園の大岩にわたげが初めて一人で登れたよ。
6/28 行方不明だったわたげのシューズが発見されました。
6/29 新しいガーゼのシーツで寝たらきもちよかったぁ
6/30 検診に行ってきたので、ガマンしてたスイカを食べたっっ。



うまれて初めて・・・
[ 11:58 ] [ けんこう ] [ スライドショウ ]
「貧血」と言われた・・・

「金欠」は慣れているんだけどもさ。

なんかちょっと嬉しかったりするなぁ。うんうんうん。

健康すぎてねぇ。

わたげの時は体重以外は特になーんにも無かったのだけど。

今回は出血だの貧血だのと、歳のせいなのかぁぃ

まあ、そんなに慌てるようなことでもないのでちゃんと食べ物で摂ろう。

それで、あるお医者さんに訊いたら牛のレバーといちごがいいんだって。

いちごねぇ・・・今あるかなぁ・・・ケーキ屋さんに行く口実になるかも・・・なんて。ダメダメじゃ。うははっ。

頑張って治すぞーい。





2006/06/24のBlog
はっぴーだいありー4
[ 11:31 ] [ どぶろぐ ] [ スライドショウ ]
6/18 ふわふわのわたげ腕をほっぺたにくっ付けて寝てたらよだれが垂れていた。なんかしあわせ気分。わたげ、すまん。
6/19 わたげのフィアンセ〔只今二人は遠距離恋愛中〕よりムービー写メール。
6/20 お弁当の具たっぷり卵焼きが好評。
6/21 お気に入りのカレーを食べたよ。
6/22 わたげと二人でぜんまいざむらいの「だんご剣」のようなおだんごを作って楽しかった~
6/23
6/24 rintarouさんがどぶちゃんにログイン。それだけで私も嬉しいよー。



2006/06/17のBlog
はっびーだいありー3
[ 09:43 ] [ どぶろぐ ] [ スライドショウ ]
6/11 三景園に行ってみました。楽しかった。あじさいはまだまだのようですね。
6/12 う~ん。なんじゃったっけ・・・
6/13 わたげの誕生日。自転車をプレゼントしました。とても喜んでいます。 
6/14 ミクシィなんていうものに登録してみる。どぶちゃん、がんばれっっ。
6/15 朝は雨だったけど、お迎えはハレとった。
6/16 幼稚園のお誕生日会に行って来ます。
6/17 わたげと二人、家でゆーっくり遊んだ。レストランごっことかいっぱい



はっぴーだいありー2
[ 10:06 ] [ どぶろぐ ] [ スライドショウ ]
今週もいいことい~っぱいあるに決まってる!!
よかった探しにレッツゴーひろみ。

6/4 お誕生日会。ごちそうをいただきました。
6/5 父の誕生日です。おめでとう。
6/6 ホテルのランチに行きました。
6/7 幼稚園のみんなと一緒に公園ランチ。いっぱい遊んだよ。
6/8 島根県の物産展で父が高価な和菓子を買ったので狙ってます。
6/9 ドラッグストアでいっぱい買ったぞ~っ。でから、ポイントが5倍じゃったー。



お金・・・ないんだけどさぁ。
[ 09:42 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ]
わたげが、自動販売機の下で50円拾いました。
それから必死で訊いてくること・・・

「おかあさん、おかねはどこらへんにおちとるん??」
「いやいやいや・・・・基本的には落ちてないよ~っ。一生懸命お仕事せんにゃ、もらえんのんよ。」

「ちがうよ~っ。そんなことじゃな~い。どこらへんにおちとるのか、ってききよるんよ~っ。あーあ、おかねひろいたいなぁ・・・」
「えっ??落ちとるとしたら、どこらへんに落ちとるか、ってこと??」
「ちが~う。もうええよ。」

どんな説明でも納得いかないようです。

これといって欲しがっている物もないのに何でお金がほしいのかなぁ。
挙句にこんなことを言い出しました。

「テレビではねぇ、1おくえんとか3おくえんとかいいよるけどね。ほんとうはそんなおかねはないんよー。うん。だってみたことないもん。」

「・・・だね・・・。うん。」



2006/05/19のBlog
そういえば・・・ね。
[ 19:06 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ]
母の日。
私もプレゼント貰ったんだった。

母の日、わたげはじいちゃん、ばあちゃんと一緒に海に行ってました。
私はサンフレッチェに行ってたんですけど。うははっ。

その海で私にきれいな貝殻と海草を拾って帰ってきました。
貝殻と海草を水に入れて、私にくれました。

とってもと~っても。
うれしかった。

ありがとねー。
ずっと忘れないよ。
ずっと大事にするよ。



2006/04/17のBlog
もみじまんじゅう、何個???
[ 13:01 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ]
昨日、また宮島に行って来ました。

あちこち歩き回って、最後に「ほいじゃ~、もみじまんじゅう食べて帰るか~っ。」
「う~ん。そうしよー。」

わたげはどうしてもチョコ味じゃないと嫌だというので、定番の「藤い屋」へ・・・
店内に座って「わたげ、何個食べるん?1個?2個食べられる?」

突然、わたげは言いました「チョコを5個。」
はぁ????
私と主人はボーゼンとしてしまいました。
私・・・「5個?5個はちょっと食べられんじゃろぅ?」
主人・・・「わたげ、女の子が5個食べるのは恥ずかしいよ~。」
わたげ・・・「えっ??はずかしいん??」

私・・・「いやいや、じゃあ、こうしようや。まず2個頼んで、食べてみてから足りんかったらまた買ってあげるけん。ね。」
一応納得するわたげ。

注文した2個をパクパクたいらげてこう言い放ちました。
「お母さん、お母さん。チョコ三つ!!頼んで、頼んでー。」

さすがにそこであと3個は食べさせませんでしたが、ミヤトヨでお土産用にチョコ5個・チーズ5個を買ったものをさっさと食べてましたから、きっと「チョコ5個」はわたげなりに考えて出した正確な数字だったのかもしれませんね。
うはははーっ。

子はかしこい。



2006/04/14のBlog
こんなになっちゃったぁ~。
[ 12:58 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ]
昨日、幼稚園にお迎えに行ったら・・・

こんな顔になってたぁ~~。→→

園庭にある木の、枝を切り落としたところにちょうど顔がぶつかったらしいです。

今朝行ってみたら、わたげがぶつかった所にちゃんとタオルが巻いてありました。
ちょっと笑ってしまったけど、でも善処してくれたことに感謝しています。

園長先生をはじめ、先生たちは皆、わたげのことを心配してくれていた様子でしたし、担当の先生は何度も何度も気の毒なくらい謝られました。
先生のせいじゃないってわかってるんですけどね。でも、気持ちが嬉しかったです。

わたげも自分で「まえをみとらんかった・・・」って言いよるし。
これでまた強くなれるよね、わたげちゃ~ん。


☆おまけ☆
「この顔、写真撮ってみんみんさんにメールで送ろうか」
ゆうたら、
「いやっ。」って。はぶてとったです。
ひどい親じゃね。ごめんね。



2006/04/11のBlog
しらうおかしろうおか。
[ 21:53 ] [ たべもの ] [ スライドショウ ]
わからんけど、もらった。

嬉しい・・・

と思った。 「おかあさん、さわってもいい??」

「うん、いいよ。」

「どうせ死ぬけん???」

「・・・・・・

いただきます、って言葉はね・・・云々・・・」

自分でも納得いかない説明のような気がしたなぁ。
ダメダメじゃ~。




2006/04/06のBlog
「うんちぃ~???」の謎**汚くてごめんなさい
[ 18:00 ] [ わたげ ] [ スライドショウ ]
わたげがテレビを観ながら突っ込んでます。

「はぁ~~???うんちぃ~~~???」って言ってる・・・

えっ???何??と思ってテレビを観ると・・・


「・・・・桂 文珍 独演会」

かつらぶんちん・・・ぶぅんちん・・・ぶうんち・・・うんち・・・か・・・

うはははははーーーっ。
文珍さん、ごめんなさい。

わたげは今「あ~あ、パーマン3号になりたいなぁ・・・」って言ってるような女の子なもんでどうか許してやってくださいねぇ・・・



2006/02/22のBlog
ごめんなさい。
[ 16:25 ] [ せいかつ ] [ スライドショウ ]
長いことお休みしまして、本当にごめんなさい。
コメントもぜんぜん書けなくってごめんなさい。

今、私の中に17mmの生き物が・・・いや、新しい命がいます。
17mmのくせに心臓はもうパクパク動いています。

この17mmの命のために、ちょっとしんどくて暫くの間パソコンの前にも座れませんでした。17mmのくせにものすごい威力です。

少しずつ楽になると思いますので、またゆっくりゆっくりやっていきたいと思います。
可愛がってくださる皆様には大変申し訳ございませんが、今しばらく無礼をお許しくださいませ。ごめんなさい。




駅の時計
プロフィール

トレロ・カモミロ

Author:トレロ・カモミロ
たたかいよりも、ひるねがすき。

がんばれカープ
グリーンリボン
FC2カウンター
Twitter
Twitterブログパーツ
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。